安らかに  ***ブラウン***



ブラウンと呼ばれている ノラ犬が 昨日 死んだと 連絡をもらいました。




 


ブラウン 若かりし日のブラウン




推定年齢 10歳以上  

犬白とアムロの 父犬である 

5月7日 朝刊をくばる新聞配達の人が死んでいるのを発見し Iさんへ連絡を入れたそうです。
そして 死んでしまったブラウンの傍らには ブラウンといつも行動を共にしていた
メス犬(犬白、アムロの母犬)の マーブルの姿があったそうです。


ブラウン達のところへ 何度も 保健所の人がノラ犬を 捕獲しようとやってきては 
追いかけられ逃げる為に 危険を冒し 交通量の多い道路を 横ぎり
暑さに耐え 寒さに耐え、、、




どこかの誰かが 子犬のブラウンを捨てなければ・・・。







ただ ブラウンが ノラとしての過酷な環境の中で 驚くほど長い年数 生きてこられたのは 
食べ物を与えてくれる家が何軒かあり 病気や怪我を 見守ってくれた人がいたからだと思う。




ノラ犬 ノラ猫に エサを与える事に反対の意見を唱える人もいる世の中で
近所の人の目や 反感があったかもしれないのに
ブラウンと マーブル(母犬)を見守り 産まれた子犬達をさがし保護して里親さんの元へ送り出した Iさん
そして
ブラウンの人生の後半 Iさんをサポートし子犬達を里親さんの元へ送り出したOさん に感謝するとともに 
ブラウンの冥福を心より祈ります。




***********




母犬マーブルも 身体が だいぶ弱っていると聞きました。
車道にフラフラと歩いていってしまう事があるとも・・・
今 保健所の人達がノラ犬を捕獲しに来たら・・・・・・ 


マーブルが どうかドリームボックスと呼ばれるガス室ではなく 
あの地で ブラウンのように生涯を閉じれますように・・・。

願うことしか出来ませんが・・・・・・・。



コメント 18件

コメントはまだありません
犬白ママ  
☆げんパパさんへ

ブラウンの最後の子供たちになっちゃいましたね、、、

ノラで自由気ままに 人生を まっとうしたと 喜ぶべきでしょうが、、、悲しいです。

犬白が我が家へやって来た後 この犬の親犬たちは どんな犬だろうと興味をもち
でも
ブラウン達の事を知るにつれ いろいろと 考えさせられました。

今日はお天気が悪く残念でしたね!
次の機会 お天気が良くなって 再会できるのを楽しみにしています!

2009/05/17 (Sun) 23:53 | 編集 | 返信 |   
げんパパ  
遅くなりましたが

ブラウン君の訃報は随分前に連絡受けていましたが
本日やっと落ち着いてこのブログにて状況を知りました。

取り巻く環境、考え方、行動などなど、
色々と考えさせていただきました。


今はただ一言、
「ブラウン君、げんや兄弟をこの世に残してくれて
本当にありがとう。安らかに。」

2009/05/17 (Sun) 22:01 | 編集 | 返信 |   
犬白ママ  
☆raintreeさんへ

コメントありがとうございます!
ほんとうに!! 
犬や猫と暮していくって 飼おうと思う前に それなりの覚悟がひつようだと思うんです! 
その覚悟というか 犬と暮すには!猫と暮すには どれ位 手間隙や費用が掛かるか考えずに知らずに飼い始めてしまうと こんなはずじゃ無かった・・・って事になるんでしょうね、、、。
無責任な飼主は考えないのでしょうが捨てられてノラとして育ってしまった犬や猫が 子供を産み またその子供がノラになり、、、 親を保護できれば早い話ですが 犬の場合  フィラリアが+だと不妊手術の麻酔で命を落とす事もあり 猫のように不妊手術後リリースする事も難しいし、、、、、近くで見守っている方達は エンドレスです。
各地方によって かなり温度差があるようですが 行政が殺す為の費用を 生かす為の費用に転換できないのか!?と考える今日この頃です。

2009/05/11 (Mon) 03:12 | 編集 | 返信 |   
犬白ママ  
☆サンちゃんのママちゃんへ

アムロ達が保護された日には・・・仕事の都合で保護へは参加できず
保護へ向かった方達から  保健所から野良犬を捕獲しようと人が来ていて 
親犬は逃げてほしいし でも子犬達は保護しないといけないしという状況だったと聞きます。
本来なら もう少し親犬のお乳で育ててもらい 離乳が始まる生後1ヶ月ほどの時に保護できるのがベストのようですが・・・ あの日は子犬を保健所へ連れて行かれてしまう可能性もあり 生後2週間で保護となったと・・・・・。
とある 大きな公園ではノラ犬を捕獲するための檻が人目のつかない所へ置かれていたりしましたし。
それだけ こちらの県はノラが多いって事なんでしょうか???
捨て犬ですが 人に拾われなかった犬がノラになり そのノラが産んだ子犬がノラになって、、、エンドレスです。
犬白もアムロも保護されたから 家犬ですが 保護されていなかったら、、、と思うと(汗) にぶいアムロなんかは 捕獲され、、、、、 想像しただけで ゾッ!とします。(-_-;)

サンちゃんも 訳あって ママちゃんの子になったんですよね!
いろんな形で 動物のボラをされている方がいらっしゃいますね!
そういう方とお会いすると あぁ~私も頑張らないと!と思うのですが
ママちゃんが おっしゃるようにムリをしたら続かないので~
私も 自分のキャパを考え ボチボチと無理のないように 続けて行きたいと思っています。

2009/05/11 (Mon) 02:33 | 編集 | 返信 |   
犬白ママ  
☆ゆかさんへ

そうですね~ そうかもしれません

今年に入り あまりにも弱ってきたブラウンを保護しようと
お世話をされている人たちで 睡眠薬を飲ませ・・・
でも 保護が出来なかったので(^_^;)自由な生活があっていたのかも 
ただ自由な生活から・・・・・
キャパと経済的な部分から 私はもう手を出せませんが・・・生れて来る子犬の保護等の問題もあるので(汗)

マーブルも弱っているようなので子犬を産む体力もないようですが、、、、、
ブラウンの置き土産らしい 犬白にそっくりな犬(たぶんブラウンとマーブルの子供!雄雌不明)が、、、マーブルに会いに来ているとの情報を聞きましたし・・・・・・ノラからノラ ネズミ算ならぬ 野良算・・・どんだけ増えるんだろうと思うとエンドレスです(-_-;)

ブラウンの亡き骸は 
Iさんが八事へ 連れて行ってくださったそうです m(_ _)m

2009/05/11 (Mon) 01:59 | 編集 | 返信 |   
犬白ママ  
☆anegoさんへ

ほんとうに そう思います。
ノラとしては 10年以上生きていて 大往生だと思いますし
車に轢かれて!とかでなく 自然の流れで亡くなったようなので・・・ 生活していた あの土地で最後を閉じれて ブラウンは幸せだったなと・・・
御悔み ありがとうございますm(_ _)m

マーブルは Oさんからの話の様子では 
もう子犬を産む体力は無さそうな感じですが・・・保健所の人が捕獲にきたら逃げる体力もなさそうな感じで・・・ 
ブラウンのように あの土地で生涯を閉じる時まで過ごせるようにと願うばかりです。

2009/05/11 (Mon) 01:37 | 編集 | 返信 |   
犬白ママ  
☆コロリくん達の母さまへ

本当に ブラウンの最後がガス室じゃなく 道路だったと連絡があった時には、、、、、ノラだから死んだ!って事が分からなくても仕方ないのに ちゃんと私にまで連絡いただけて・・・悲しいんだけれど 良かったという思いが、、、 

ペットの命を 物として扱う人って変ですよね、、、そういう考えの人が居るから 安易に飼って、世話が大変、生れた子犬、子猫は必要ないから 捨てる!保健所へ連れて行く!
ちょっと間違ってますよね、、、 
Iさんや Oさん達が居たから 犬白も我が家へ来ましたが 保護されていなかったらと思うと、、、犬白は子犬の頃 軟弱だったから 今頃 生きていなかったかもしれないです。
犬白と暮し始め その後 偶然、モモママさんのブログへ辿りつき ドリームボックスのブログ記事でショックを受けコメントをしたのが始まりでした。 
ドリームボックスの経費を 生きる方向への経費にとか ノラちゃんの不妊や去勢手術の費用を地方自治体から補助が出たらなぁ~なんて思う事はあるのですが なかなか(ーーゞ
我が家も シッポの生えた扶養家族が4匹になったので 
ボチボチとですが出来る事を 無理のない範囲で続けていきたいと思います(^^ゞ

2009/05/11 (Mon) 01:23 | 編集 | 返信 |   
犬白ママ  
☆りん子さんへ

連絡をもらったとき悲しかったけれど
ブラウンは最後まで捕獲されず 自然の流れで人生を終える事ができて
すこし ホッとした。というのが 正直な気持ちです。
でも 毎日のように ブラウン達の様子をみてきた方々の事を考えると、、、、、、
マーブルはブラウンと違い とても臆病で警戒心の強い犬なので 今後 どうなってしまうのか心配です・・・ ですが なかなか様子を見に行けれる距離ではないので 捕獲されないように!車にひかれないようにと願うばかりです。

2009/05/11 (Mon) 00:47 | 編集 | 返信 |   
犬白ママ  
☆モモママさんへ

ブラウン 前回、会えた時に もう長くはないだろうな~とは思っていたのですが、、、良いのか悪いのか分かりませんが モモママさん達が保護に向かってくださったアムロ達がブラウンの最後の子供になってしまいました。

ブラウンが死んで悲しいのですが
車に轢かれたとか 保健所の人に捕まらず 自然の流れで あそこで生涯を閉じれたこと
そして最後、 Iさんへ連絡が入り ちゃんと荼毘にふしてもらえて、、、良かったな!と思います。

だれかが安易な気持ちで1匹を捨てると、、、、、将来 どれだけ増え どれだけ厳しい環境で暮らす犬が増えることか、、、、、猫もですけど エンドレスですよね(-_-;)

2009/05/11 (Mon) 00:30 | 編集 | 返信 |   
犬白ママ  
☆りゅうままさんへ

そうなんです ノラなのに長生き出来たのは
周りの方々の優しい心遣いが有ったからに違いありません!
私は犬白が1歳過ぎるまで ブラウン達に会ったことはなかったんですが・・・生きているうちに会うことが出来て こういう風に生きている犬が居るんだと、、、ノラちゃんって 自分が生活している中で それまで出会った事なかったので、、、知る事が出来て良かったと思います。
m(_ _)m

2009/05/10 (Sun) 23:59 | 編集 | 返信 |   
raintree  

安易にひとつの命に責任も持たずに飼う人が多いから、都合が悪くなったら、捨てるんですよね。
一度飼ったら、天寿を全うするまで責任を盛ってあげて欲しいと思います。
子犬や子猫まで面倒みれないなら、避妊手術するべきだし、飼えない事情があるのなら里親を探すべきです。
なにより、捨てるという事は自分で手をかける事ができないから、どこか自分の見えないところで死んでもかまわないという身勝手な未必の故意じゃないでしょうか。
確かに行政は沢山の猫や犬を殺さざるおえないでしょうが、その状況をつくったのは、無責任な飼い主だということは、忘れてはいけないと思います。

2009/05/10 (Sun) 09:32 | 編集 | 返信 |   
サンのママちゃん  
胸がいたみます。。。

犬白くん、アムロくんのお父さんなんですね。。。
・・・・ とっても胸が痛みます。
ブラウン父さん。。。
   安らかに ゆっくりしてくださいね。

みなさんのコメント欄を拝見していて
今もなお、「犬捕り」は積極的に行われているんですか?
びっくりしました。
子供の頃(もう30年も前?)には ワタシの町でも
時折みかけましたが、 引越しをしたのもあってか
最近の記憶では 見ない光景となっていました。

ただ、我が家のサンちゃんもですが、
事情があり飼えなくなった・保護された子達がいる状況は
理解しているのですが・・・

お話に出てきた Iさん・Oさんのご尽力もですが、
里親として、犬白ママさんも 犬白くん、アムロくんを
しっかり 守ってあげていて 素晴らしいと思いますょ。
まだまだ、知らないことが いっぱいですが
ワタシも目をそむけずに、できることをさせて頂きたいと
思っています。(無理は続かないですからね・・・)

このお話から 動物病院で出会った一人の方を思い出しました。
その方は 子供のときから
大きくなったら ノラ猫を家で飼いたい!と思っていらしたそうで、
今では(独身でお子様もないので)自分のお金は ネコちゃんのために・・と、
出会った子達の面倒をみておられました。
なので、お会いする度に、違うネコちゃんと 病院に来られているんです。
それは、保護される時には 弱っているか、怪我をしているか・・という事なんですょね??

マーブル母さんも よい方に保護していただけるといいのですが。。。

 最近 犬白くんの兄弟がそろったり、
 とっても微笑ましい様子だっただけに、残念です。(;ωq`),,,

2009/05/09 (Sat) 23:46 | 編集 | 返信 |   
ゆか  

過酷な生活だったと思うけれど、でもそれは人間が
ある種の感傷をもって見るからで、
ブラウンにとってはとても有意義な人生だったのかもとも
思えます。

自由を謳歌し、それと引き換えに過酷さを受け入れ
でも仲間がいて。

ずいぶん弱っていると聞いていたけれど、
それでも暖かくなってから生涯を閉じて、よかったと思いました。

ブラウンは誰かが弔うのでしょうか。

2009/05/09 (Sat) 23:42 | 編集 | 返信 |   
anego  

そうですか。。。
ブラウン父さん、過酷な環境の中で一生懸命生きたのでしょうね。
その素晴らしいDNAが犬白君とアムロ君にも受け継がれてるんですよね。
悲しいことではありますが、生活していた地で…というのは、
ブラウン父さんにとっても幸せだったのかなと思います。

どうぞ安らかに。。。心よりご冥福をお祈りします。

それとマーブル母さん、
きっと哀しんでることと思いますが、
精一杯生きてほしいと願います。

2009/05/09 (Sat) 23:29 | 編集 | 返信 |   
コロリ達の母  
黙祷

ブラウン父さんの死は悔しいし悲しいけど
やさしい人が居る事も知りマーブル母さんに巡り会い
過酷やけど野性の犬生をまっとうしたんやから
犬白君やアムロ君は誇りに思っていいんやない
心から安らかにと祈ります
モモママさんのブログでも紹介されていた
残酷で野蛮な「犬収集車」・・・
命あるものを捨てると云う行為も許せませんが
命ある者に死を宣告するような行政に
強い怒りを覚えます
そんな事を公の機関が平気でしてるなんて
私全然知らなくて・・・
知ったからってどうしようもないんやけど
どうにかならへんのかしらね


2009/05/09 (Sat) 19:49 | 編集 | 返信 |   
りん子  

読んでて、悲しくなります。
何度も捕獲されながら、生きてきたブラウン父さんなんですね。
本当に捨てる人がいるからこう言う事が起きるのですものね。。。
マーブルちゃんも心配です。。。
ブラウン父さん、ゆっくりしてね。

2009/05/09 (Sat) 18:23 | 編集 | 返信 |   
モモママ  

私もブラウンの死を知って、涙が流れました。
アム君たち兄弟の捜索に行った時に初めてあの過酷な状況を目の当たりににしました。
あの状況で、しかも何度も保健所の手を掻い潜って生き延びることができたのは、やはり周りの暖かい手があったからのんでしょうね。
犬白ママさんには犬白君とアム君の父犬ということで、ブラウンには一層思い入れがあったことと思います。
そして、私もマーブルがあの地で天寿を全うすることを願います。

犬や猫を捨てる人間がいない世の中になって欲しいと切実に思います。
野良犬だって好きで野良になったわけじゃない。
悪いのは捨てる人間。
尊い命を弄ぶことだけは絶対に止めてほしい。

ブラウン父さん、安らかに・・・

2009/05/09 (Sat) 17:49 | 編集 | 返信 |   
りゅうまま  

犬白くん、アムロくんの両親でしたか
ノラちゃんでそれだけ長生き出来たのは皆さんの
優しい心遣いが有ったからですね
きっと天国へ行っても皆さんや子供達の事を見守ってくれているでしょうー
ご冥福をお祈りします
天国で幸せになるのよi-184

2009/05/09 (Sat) 13:05 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ