犬白日記

***けんしろにっき***

ちゅんちゃん入院中  

ちゅん の
保護直後から ずっと診ていただいてる病院へ
日曜日に 通院予定だったけれど
なんか・・・・・・・
間に合わないような気がした
土曜日の朝


犬白たちが お世話になってる
実家近くの 病院へ
実家の猫 ビッちゃんのワクチン接種を口実に
犬白とアムロは 職場(実家)でお留守番してもらい
ビッちゃんと 一緒に ちゅん も 病院へ


170826ちゅん入院 (1)



我が家が信頼してる先生の一人
副院長の A先生へ 診察をお願いし
・・・・待ってる間も 身動きせず
目だけを動かす・・・・ちゅん


体重は 970グラム ここ数日
減っても無いけど 増えても無くて

先生が触診で
腹水じゃない?!!!!!!

お腹に針をさして
血の色した 腹水が ごく少量 抜かれました。

もぉ この時点で 口には出さなかったけど
先生も ワタシも 頭に浮かんでた病名は

 FIP

発症してると対処療法しかない
ちゅんを先生へ預けて 
ビッちゃんと待合で待ってる間
暗い気持ちで検査の結果を 待ってたら・・・


総蛋白の数値は 高くなくて!!
ってことは FIPの可能性は低くて

170826ちゅんちゃん血液検査結果

↑クリックすると大きく表示される・・・と思います<(_ _)>

しかし
肝機能の数値が高くて
レントゲンでも 肝臓が大きくなってるのが確認されてて
貧血も酷くて 黄疸も出てて・・・・・・金曜の夜 それで ヨロけてたんだ

入院決定で  


先生からは 
輸血して 様子見るってお話しで 
でも  もしかしたら 
ダメかもしれないけど・・・ ちゅんが頑張ってる間は
病院からは連絡は無しで
病院から電話が無ければ 
「月曜に 生きてるか確認の電話して!」って ←オイオイって感じだけど 
こんな感じの先生なのデス

今日の午前中に電話をしたら 看護師さんから
ウチでは食べなかったというか 食べれない状態だったのに
けっこう食べてますよ!!って お聞きできて
「えっ!?」って 嬉しい驚きと 
ちゅんの 生命力に 感謝しつつ


退院の予定は 
まだ 未定だけど
追記 2017/08/28 夕方退院の予定

ちゅん の 今後について
相方と 相談せねば・・・
ウチの子にするべきと思うけど
どう 思うかを・・・・





category: ちゅん

thread: 犬猫のいる生活 - janre: ペット

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://k531.blog25.fc2.com/tb.php/2208-a7310c06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)