猫疥癬

今日は仕事の休みを貰いました。
台風の影響の雨を心配して 会社から「休んでイイぞっ!」と電話がありました(^^ゞ

捕獲→病院→避妊手術と健康診断→きのう29日退院の子猫

退院のため 病院へ行くと お願いしておいたノミダニ駆除剤は まだ~付けてないっておっしゃるし
こりゃ~健診も手を抜かれたかもと勘繰り 家へ連れ帰り 子猫を とにかく隔離
・・・・・三段ゲージはしっぽに破壊されてるので 
子猫の隔離に犬白のウルトラバリケンXLサイズの登場!
えぇ 私も一緒に入れちゃう アレです。(^^ゞ

101029隔離中


物置と化した隣の部屋へ 
バリケンの中へ 始めはシステムトイレを入れたんですがトイレと解らないようで
トイレの中で寛いじゃうし 寝床として置いたケースと毛布に おしっこ爆弾投下したので(汗)
急ぎでダンボールに細かい鉱物系のネコ砂を入れて様子をみました。 
朝にはちゃんとトイレに塊りがありました(*^^)v

急に触られると 怖くて「シャーー」と言ってしまうけど ゆっく~り手を近づけて
撫ぜていると「ゴロゴロゴロゴロ♪」 人馴れ完了です(笑)
ただ きのうの夜 撫ぜて気づいたことが・・・身体や手足には無いのですが
肩から頭まで かなりのカサブタがついていた為 
日が変わり今日 自宅ちかくの動物病院へ行って 検査してもらうと
なんと「ネコ疥癬」でした。
院長先生が 皮膚をガリガリやって セロハンテープでペタペタ
疥癬の原因となるヒセンダニは皮膚にトンネルをつくって繁殖していくので
かなりガリガリしないと出てこないそうなんですが・・・発見され
ワタシも顕微鏡のモニター画面でヒセンダニの死骸を見せてもらいました(-_-;)
治療法は ぬり薬か 注射か 
茶トのネコ疥癬の時にも使ったレボリューション
・・・・・問題は 29日フロントラインをつけてあるので レボリューションはパス
28日に避妊手術をしたばかりで 疥癬治療薬のイベルメクチンの注射はキツイし・・・
塗り薬は 毛を掻き分けて塗るのが範囲が広いから大変だしと言われ
注射よりは効き目がゆっくりだけれど イベルメクチンの飲み薬を処方してもらうことになりました。

投薬は1週間おきに3回ぐらい
今日、病院で計った子猫の体重は1950グラムでした。
そして歯の状態から すでに永久歯に生え変わっているので生後6か月 (*_*;
ビックリ 3~4ヶ月だとおもったのに・・・この子猫 
母猫に甘えるときの 子猫の鳴き方するんです ダマサレタワっ(笑)


101030ゴロゴロ♪

ワケの解らない湿疹じゃなくて良かった ネコ疥癬だったら薬で治るもんね~(^^ゞ
ただ 他のにゃんや 人間にも感染するおそれがあるので 注意は必要だけれど・・・

子猫を触ったら着替えをするので この季節だと洗濯物を乾かすのが チョット大変かな
 
あっ!子猫 仮の名前を FJ(エフジェー)とします。
どうぞ ヨロシクお願いします!
それから 白血病と猫エイズ(FIV)の検査結果は マイナスでした (^^)v
FJについては 体調が落ち着いたら里親募集をいたします。
 

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ